#98(VR360バージョン)_秋桜 [SPEED MUSIC - ソクドノオンガク] H ZETT M キーボードの手元を真横至近距離から

Watch video in VR
443
13.04.2020

『SPEED MUSIC -ソクドノオンガク-』

=======================
※3/25(水)カヴァーアルバム「SPEED MUSIC - ソクドノオンガク Vol.1」発売決定!
=======================

■98曲目『秋桜』(伊福部 昭)

#小春日和
1977年10月1日に発売された山口百恵の19枚目シングル『秋桜』。
リリースから3週間かけて登りつめたオリコンシングルチャートの最高順位は第3位。
嫁ぐ娘が母を想う気持ちを歌い上げた名曲は、「日本の歌百選」にも選ばれている。
当初は『小春日和』というタイトルだったが曲を聴いた酒井正利プロデューサーの提案で『秋桜』となった。楽曲を提供したさだまさしは、本来の和名である「あきざくら」と読ませるつもりだった。

#さだまさし
当時、山口百恵は阿木燿子&宇崎竜童によるツッパリ路線の楽曲で売り出し中だったため、『秋桜』をリリースした際に「なぜ?雰囲気の異なる『さだまさし』の曲を歌うのか」という疑問の声があがった。加えて『さだまさし』ファンからも「なぜ?山口百恵の歌を作るのか?」
という反響が起こった。
『さだまさし』は、山口百恵サイドの制作依頼を受けてから催促が来るまでの2年間、依頼されていたことを忘れていたが半年後にようやく完成した。
『さだまさし』曰く、山口百恵には日本的な女性らしい面があるのではないかと考え、今までのイメージを一変させるような曲作りを行ったと言う。

#この歌の意味がようやくわかりました
さだまさしは提供曲のレコーディングに立ち会うのを常としていたが、『秋桜』のレコーディングに立ち会えなかった。電話で「まだピーンと来ないでしょう?」と尋ねると、当時18歳だった山口百恵は、「はい」と正直に答えている。その後、俳優・三浦友和さんとの結婚を発表。引退!ラストコンサートで「この歌の意味がようやくわかりました」とさだまさしにメッセージを贈った。




『SPEED MUSIC -ソクドノオンガク-』


毎週水曜 22:55~
tvk テレビ神奈川にてO.A.中の
「SPEED MUSIC - ソクドノオンガク」より

www.sokudonoongaku.com
Instagram @sokudonoongaku

- - - - - - - - - - - -

国内における『時代を超えた名曲』を選曲!
今注目を集めるピアノトリオ「H ZETTRIO」が、スピード感溢れる独創的なアレンジで毎週カバー。多世代間の橋渡しとなり世代を超えた興奮と感動をお届けします。

▶re-arranged&perfomed by『H ZETTRIO』

▶Voice Actress
風谷南友

▶MAIN-STAFF
制作著作 / tvkテレビ神奈川、World apart ltd.
プロデューサー / 落合宏徳(tvk) 浅野勇一(World apat ltd.)

監督/川村ケンスケ
構成/エムP

▶STAFF
WEB-D/角元総一郎
VR-P/高木康之

録音/瀧沢真一
トラックダウン/日下貴世志
ヘアーメイク/武田直子
衣装/根津梢
マネージメント制作/小山紘直、目黒健太
マネージメントデスク/根本智久

▶機材協力
マスプロ電工(KODAK PIXPRO 4KVR360、SP360 4K)
SHURE
KORG
ZOOM

#山口百恵

Show more