#88 舟唄 VR360バージョン(H ZETT KOU)[SPEED MUSIC - ソクドノオンガク]

Watch video in VR
229
11.02.2020

『SPEED MUSIC -ソクドノオンガク-』

■88曲目『舟歌』(八代亜紀)/2020年1月15日O.A


#『第30回NHK紅白歌合戦で大トリ』

1979年5月25日に発売された八代亜紀の28枚目シングル『舟歌』。
アルバム『舟歌』を同日付けで発売する程、期待を込めて投下した楽曲だったが、発売当初は予想に反して低調な滑り出しだった。
しかし、同年の『第30回NHK紅白歌合戦で大トリ』で『舟歌』を披露すると年明けから売れ行きが一気に加速!八代亜紀の代表曲として育っていった。
ちなみに、
シングル『舟歌』のオリコン最高順位は15位。
アルバム『舟歌』のオリコン最高順位は9位だった。


#日本レコード大賞受賞を目指して製作した楽曲

1976年、「第18回日本レコード大賞」で「もう一度逢いたい」が最優秀歌唱賞を受賞。
1977年「愛の終着駅」で2年連続最優秀歌唱賞!
1978年「故郷へ…」で金賞受賞と日本レコード大賞ノミネート歌手の常連となった八代亜紀。
1979年、テイチクが『日本レコード大賞受賞を目指して製作した楽曲』が『舟歌』。
しかし、結果は昨年同様、金賞だった。
翌年発表した『雨の慕情』はそのうっぷんを晴らすかのように大ヒット!念願だった日本レコード大賞を1年遅れで受賞することとなった。


#居酒屋で高倉健と倍賞千恵子が見ている

1981年に製作された映画「駅 STATION」の劇中、『居酒屋で高倉健と倍賞千恵子が見ている』テレビに映し出されている映像は「NHK紅白歌合戦」で八代亜紀が『舟歌』を歌う場面だった。
ちなみに、1979年の発表当初の『舟歌』は、八代亜紀の高い声に合わせて曲の音程が高く曲調も速めで3分57秒だった。
しかし、2000年以降に発売されたCD等では、八代亜紀の声質の変化にあわせ、発売当時のものより音程が低く、曲調も4分20秒とスローテンポで再録されたものになっている。


『SPEED MUSIC -ソクドノオンガク-』


毎週水曜 22:55〜
tvk テレビ神奈川にてO.A.中の
「SPEED MUSIC - ソクドノオンガク」より

www.sokudonoongaku.com
Instagram @sokudonoongaku

- - - - - - - - - - - -

国内における『時代を超えた名曲』を選曲!
今注目を集めるピアノトリオ「H ZETTRIO」が、スピード感溢れる独創的なアレンジで毎週カバー。多世代間の橋渡しとなり世代を超えた興奮と感動をお届けします。

▶re-arranged&perfomed by『H ZETTRIO』

▶Voice Actress
風谷南友

▶MAIN-STAFF
制作著作 / tvkテレビ神奈川、World apart ltd.
プロデューサー / 落合宏徳(tvk) 浅野勇一(World apat ltd.)

監督/川村ケンスケ
構成/エムP

▶STAFF
WEB-D/角元総一郎
SNS-D/灰岡慎太郎
VR-P/渡辺大地

録音/瀧沢真一
トラックダウン/日下貴世志
ヘアーメイク/武田直子
衣装/根津梢
マネージメント制作/小山紘直、目黒健太
マネージメントデスク/根本智久

▶機材協力
マスプロ電工(KODAK PIXPRO SP360 4K)
SHURE
KORG
ZOOM

Show more